家賃債務に関する保証制度|初心者の投資ならしっかりと特徴を知っておこう

家賃債務に関する保証制度

男性

通常、賃貸契約の際には連帯保証人が必要となるケースが多くあります。場合によっては、その仕組みが不便に感じることもあるでしょう。家賃債務保証という仕組みはその不便さを解消してくれる仕組みです。第三者が手数料を得ることで連帯保証人を代行してくれるという仕組みなのです。入居者が家賃の滞納などを行なった際には、第三者が立替え払いを行なってくれます。入居者は立替えられた金額を後で返済することになります。
この家賃債務保証の仕組みは近年において利用される割合が増加しています。なぜなら、核家族化が進んでいる近年においては連帯保証人が見つかりづらくなっているためです。そうした社会の動向にマッチした仕組みと言えます。
資産運用をお考えの方にとっては、この家賃債務保証には大きな利点があります。それは、家賃滞納リスクを抑えられるというものです。オーナーとしてマンションの一室やアパートなどを抱えるのであれば、家賃収入はメインの財源であり、そこが滞ってしまうと一気に苦しくなってしまうという不安も抱えることになります。そうした不安を解消してくれるのが家賃債務保証なのです。一方で、入居者にとってもこの制度はメリットがあります。それはやはり連帯保証人が不要であるという点です。
家賃債務保証は比較的新しい業務となっており、不動産投資をされる方の中にはこの情報を知らない方もいらっしゃることでしょう。いくつかの保証会社や不動産会社に、どういった仕組みなのか問い合わせてみるのも良いでしょう。